「リスボンは歌う」
 〜フォルテピアノと聴く、ポルトガルの歌

平成17年度「名古屋市都市景観賞・まちづくり部門」受賞

実は日本とのお付き合いが長いポルトガルの音楽は、日本人の耳にも意外と馴染んでしまう節回し!?
ポルトガルからのゲストによる歌と、珍しい楽器フォルテピアノの音色をお楽しみください。
ポルトガルの珍しいマデイラワインもお持ちいたしました。

※ゲストがコロナウィルスの影響による入国制限で来日不可能と判断した場合は、フォルテピアノソロにて代替公演を行います。

開催内容

  • 【日時】2021年5月30日(日) 16:00〜 (開場15:30)
  • 【場所】浄土宗宝亀山 相応寺
  •      名古屋市千種区城山町1-47
  •     (地下鉄覚王山駅2番出口徒歩11分)
  • 【料金】2,500円 (マデイラワインつき)
  • 【定員】60人

参加方法

参加には事前のお申込みが必要です。

詳しくは申込み方法のコーナーをご参照ください。

演奏者紹介

パウラ・ピレス・デ・マトス
パウラ・ピレス・デ・マトス (ソプラノ)
リスボンの音楽高等学校にて声楽をルイス・マドゥレイラ氏に師事し卒業。その後、ロンドンのギルドホール音楽・演劇学校にてノエル・バーカー氏のもとで研修生コースを修める。リスボンのイギリス領事館、文化庁の奨学金を得る。リスボンのグレゴリオ学校にてピアノ、グレゴリオ聖歌一般論の授業を受け持つ。
古典歌唱のみならず、ソロリサイタル、オラトリオ、オペラの分野でも活動しており、リスボン・シンフォニー・オーケストラ、オーケストラ・メトロポリターナ他リスボンのオーケストラ、アンサンブルと多数共演。オペラの分野ではW.クリスティー指揮によるシャルパンティエの「ダヴィドとジョナタ」、フィリップ・グラスとロバート・ウィルソンの「白いカラス」を1998年リスボン万博とマドリッド王立劇場で舞台に立ち、他にも多数のオペラに出演している。
小原 道雄
小原 道雄 (フォルテピアノ)
7年間のドイツ留学の間、ヴィプケ・ヴァイダンツ氏とミヒャエラ・ハッセルト氏からフォルテピアノを学ぶ。愛知県立芸術大学(音楽学)首席卒、ライプツィヒ音楽大学(古楽器)卒、フランクフルト音楽大学(古楽器)に学ぶ。大阪国際音楽コンクール古楽器部門入選、ファイナリスト(2009)。「古楽de酒蔵コンサート」主宰(2004-)。名古屋バロックオーケストラ音楽監督(2010-2015)。欧州内ソロツアー(2013、2015)。NHK文化センター名古屋教室講師(2014)。ポルト市立音楽院、マテウス国際古楽アカデミー他、ポルトガル国内マスターコース講師 (2015-)。ポルトガル大使公邸、ブラジル大使館、ベルリン楽器博物館、ポルト音楽院100周年記念演奏会、名古屋市千種区制80周年記念事業など要所での演奏他、オペラ公演弾き振り、現代音楽の世界初演、邦楽、フラメンコ、ファド、人形劇等との共演も行う。
今までに日本、ドイツ、イタリア、ポルトガル、韓国、ブラジルの舞台に立つ。ヨーロッパでのライヴ録音はCDレーベルNAXOSよりオンライン配信中。名古屋以外に首都圏でもレッスンを提供。教室紹介: http://www.oharas-nagoya.info

会場の紹介

「浄土宗宝亀山 相応寺」

寛永20年(1643)尾張藩祖徳川義直が、生母於亀の方(相応院)のために名古屋市東区山口町に創建した寺院。

昭和7年(1932)に現在地に移築。山門、本堂の扁額は義直の自筆。茶筅塚、鶏の供塚があります。

開催マップ